◆更新情報◆

2012年07月08日

与謝蕪村生誕300周年に向けた記念事業


    蕪村生誕300年記念事業実行委員会  

「蕪村祭」の実施 
    実施期間 : 平成24年度から平成28年度までの4年間
      日 程 : 毎年春・秋ごろ
       ----------------------------------------------------
   ・記念講演・シンポジウム
       蕪村文学の学者・俳人を招聘し、講演会・シンポジウムを実施 
 
   ・蕪村俳句大会
       一般の部、小・中学生の部に分けて実施し、全国募集を行う。
       各年の「蕪村祭」当日に受賞式を行う。茶会・バザーを開催
 
   ・蕪村絵画展   大阪市と京都との連携
 
   ・蕪村に宛てた絵手紙展    蕪村宛てた絵手紙を募集し、展示する。
 
   ・俳句教室 (子ども向けは俳句カルタ作り教室)

屋形船の「句会」
  枚方から毛馬記念碑の間、毛馬閘門から天神橋・毛馬公園まで遊覧「句会」

蕪村歩き会の実施ときマップつくり
  蕪村俳句とゆかりのある地域の「歩き会」実施、同地図を製作。

「国際俳句蕪村賞」の授与
  日本伝統俳句文化と“日本のこころ”を、欧州を中心に諸外国に広めるため、同賞の授与
  を設けて授与し、2016年の蕪村生誕300年記念事業の中心に据える。

俳句と他ジャンルのコラボーレーション企画を実施
  記念イベントとして、俳句を他のジャンルとのコラボを実現させ、俳句の裾野を広げる。
  (例:俳句と版画のコラボ、写真と俳句のコラボ)

蕪村生誕300周年記念サイトの開設・運営(制作中)
   サイトを開設、記念事業のPR、インターネットによる俳句会への応募を促進する。

イメージキャラクター・キャッチコピーの公募
   以後、それを使って生誕300年事業を盛り上げる。

蕪村を称える歌、曲の作成:ライブコンサートの開催(2団体と協議中)
   以後、児童合唱団やブラスバンド、市民レベルの楽団で発表会を行っていく。

蕪村ボランティアの公募
   記念事業推進のためのボランティアスタッフを確保する。

蕪村銅像の設置 (蕪村公園内・実行委で推進中)

在阪メディアとの連携 (ラジオ句会・記念事業を企画中)

蕪村公園へ植樹の寄贈 (この秋に桜2本、梅2本、もみじ1本)

俳句文化拠点と毛馬閘門、蕪村公園を総合した「まちづくり」案立ち上げ
【関連する記事】
posted by 蕪村生誕300年記念事業実行委員会 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。