◆更新情報◆

2013年04月01日

「記念植樹桜」の満開に感動

蕪村生誕300年記念事業委員会






 大阪市都島区毛馬町に生誕した江戸時代の俳人「与謝蕪村」が、3年後の平成28年に生誕300年を迎えますが、肝腎の、蕪村生誕日の記録は全く無く不明のままです。

 


 しかも、蕪村生誕地の毛馬村は、明治29年に明治政府が、毛馬村全域を「淀川河川事業」で川底に埋没させる大河川改修工事をおこなったため、まさに毛馬村は「幻の村」の状態のまま。残念至極です。


 


 24年からは蕪村生誕300年記念
を祝賀するための「事業委員会」を設け、各種記念事業を開始しました。委員会では、その手始めとして、諸外国との俳句交流を行う事業に、「国際俳句蕪村
賞」を設けて、国際俳句交流に着手しました。この記念として24年12月に、蕪村を顕彰する大阪市営「蕪村公園」に、この国際俳句交流開始を祝賀するため
の記念植樹祭を行ったのです。「蕪村俳句に登場」するサクラ・ウメ・モミジ7本を植樹し、この春のサクラの開花時期に樹齢5年ほどの幼木ながらも、この春
に少しでも開花すること祈っていました。



 そこで、春の陽気に恵まれた4月1
日の朝、「蕪村公園」に委員会有志が駆けつけ、植樹したサクラが開花しているかどうかを、確かめに行きました。蕪村公園北側の植樹箇所に近づいた途端、
あっと驚きました。何と植栽時に高さ5メートルほどしかなかったサクラ2本が、10メートル以上に育ち、細い枝なのに、枝全体に満開を彩っているではあり
ませんか。自然の強靭さが目を剥きました。胸が感動で打ち震えました。ウメ4本も咲いていました。「蕪村公園」にある淀川支流の「大川」沿いは、大阪の桜
の名所として有名で、例年より10日早く、4月1日に満開日となったそうです。筆者も「大川」沿いの満開の桜を毎年観に出かけています。しかし、我々の手
で記念植樹したサクラが満開を期した姿を目の当たりで目撃体験出来たこと自体、初めてのことで、観ていながら終始感動に襲われました。満開のサクラの花び
らは春の陽射しに浮かび上がって、見事な美しさとしか言いようがありません。早速、ウクライナ、台湾、フランスの交流先と、このほど交流を結んだロシアの
俳句愛好家に、この感激をメール致しました。


 


 きっと、俳人与謝蕪村も、この「蕪村公園」に植樹したサクラの満開に、俳句の尊さと心の安らぎを覚えているに違いないでしょう。

sakura2.jpg
posted by 蕪村生誕300年記念事業実行委員会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

与謝蕪村生誕300周年に向けた記念事業


    蕪村生誕300年記念事業実行委員会  

「蕪村祭」の実施 
    実施期間 : 平成24年度から平成28年度までの4年間
      日 程 : 毎年春・秋ごろ
       ----------------------------------------------------
   ・記念講演・シンポジウム
       蕪村文学の学者・俳人を招聘し、講演会・シンポジウムを実施 
 
   ・蕪村俳句大会
       一般の部、小・中学生の部に分けて実施し、全国募集を行う。
       各年の「蕪村祭」当日に受賞式を行う。茶会・バザーを開催
 
   ・蕪村絵画展   大阪市と京都との連携
 
   ・蕪村に宛てた絵手紙展    蕪村宛てた絵手紙を募集し、展示する。
 
   ・俳句教室 (子ども向けは俳句カルタ作り教室)

屋形船の「句会」
  枚方から毛馬記念碑の間、毛馬閘門から天神橋・毛馬公園まで遊覧「句会」

蕪村歩き会の実施ときマップつくり
  蕪村俳句とゆかりのある地域の「歩き会」実施、同地図を製作。

「国際俳句蕪村賞」の授与
  日本伝統俳句文化と“日本のこころ”を、欧州を中心に諸外国に広めるため、同賞の授与
  を設けて授与し、2016年の蕪村生誕300年記念事業の中心に据える。

俳句と他ジャンルのコラボーレーション企画を実施
  記念イベントとして、俳句を他のジャンルとのコラボを実現させ、俳句の裾野を広げる。
  (例:俳句と版画のコラボ、写真と俳句のコラボ)

蕪村生誕300周年記念サイトの開設・運営(制作中)
   サイトを開設、記念事業のPR、インターネットによる俳句会への応募を促進する。

イメージキャラクター・キャッチコピーの公募
   以後、それを使って生誕300年事業を盛り上げる。

蕪村を称える歌、曲の作成:ライブコンサートの開催(2団体と協議中)
   以後、児童合唱団やブラスバンド、市民レベルの楽団で発表会を行っていく。

蕪村ボランティアの公募
   記念事業推進のためのボランティアスタッフを確保する。

蕪村銅像の設置 (蕪村公園内・実行委で推進中)

在阪メディアとの連携 (ラジオ句会・記念事業を企画中)

蕪村公園へ植樹の寄贈 (この秋に桜2本、梅2本、もみじ1本)

俳句文化拠点と毛馬閘門、蕪村公園を総合した「まちづくり」案立ち上げ
posted by 蕪村生誕300年記念事業実行委員会 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諸外国と俳句文化交流・国際俳句蕪村賞の授与


NPO法人近畿フォーラム21の活動経過と今後の方針


市民講座「蕪村顕彰俳句大学」の開講
 10余年任意支援団体で活動してきた「近畿フォーラム21」は、平成8年4月26日に大阪府知事から正式にNPO法人として「認証」され、まちづくり支援事業やふるさと文化振興事業を進めてきました。
 中心事業は、大阪市毛馬町にこの地で生誕した江戸時代の俳人与謝蕪村を顕彰する「蕪村公園」が造営されたのを機に、大阪府・大阪市等の後援を受けて平成22年に市民講座「蕪村顕彰俳句大学」を開講しました。
 以来「俳句講演や俳句つくり句会」を毎月1回開催し、年に2回受講者からの優秀句作品を選考して「表彰式」を行っております。
 当事業は、早くも3年目を迎えましたが、これから特に力を入れなければならない新事業が浮かび上がってきました。それは、大阪俳人蕪村の生誕300年が4年後の2016年に迫って来たことです。このため、蕪村生誕300年を顕彰するため、当NPO法人近畿フォーラムの主催で、「蕪村生誕300年記念行事実行委員会」を設立しました。

「蕪村生誕300年記念行事」事業の推進
 「蕪村生誕300年記念行事実行委員会」では、この「300年を記念する行事」を平成24年の秋から始めます。特にこの機会に「俳句づくり」の関心が高まっている欧州諸国・台湾の大学日本語学科と「俳句」を通じての文化交流に力を入れていく方針です。

活動基本コンセプト  
  1. 世代を超えた「こころ」のコミュニケーション
  2. 時代を超えた「こころ」のコミュニケーション
  3. 国際蕪村俳句賞を新設、文化、言語、国境を越えた「こころ」のコミュニケーション
  4. 吟遊俳人蕪村300 Heart to Heart Communicationをテーマにしたメモリアル・イベントの実施
キャッチコピー  
     「俳句は人と人とのこころを繋ぐ」
                   =世代と時間を超えたこころのコミュニケーション

拡大活動目的
  俳句(日本人の価値観、繊細なことば使い)を通じて、海外との「こころ」のコミュニュケー
 ションを実施し、海外との気持ちを通わせた未来へ向かう大切な“つながり”をベースに国際
 文化振興を目的とします。

国際文化の振興を通じての活動 
   “大阪から俳句を通じてアジアへ世界へ”
   “海外の大学やアジア、欧米の人材との交流 ”
   “俳人蕪村が大阪毛馬生誕地であること世界へ広める“
   “海外との「こころ」のコミュニケーション“を実現する。

<展開案1> ”ウクライナをはじめとする欧米諸国との「こころ」のコミュニケーション”
    @ 2016年まで、毎年「俳句大学」が開催する「句会」へ欧米各国から俳句作品の出
      句をしてもらう
    A 蕪村生誕300年祭webサイト上にバーチャル蕪村公園を設置。世界中の人から俳
      句を出句。
    B 蕪村生誕300年祭に向けて、世界各国から出句された作品の中から優秀句を選考
      、その中から最優秀句を選考し、「国際俳句蕪村賞」(知事・市長賞)を授与する。出
      句作品に「寸評」を付随する。
    C 蕪村生誕イベント開催時には、各国と衛星回線で結び、生誕300年記念を祝う。

<展開案2> ”台湾を始めとするアジア諸国との「こころ」のコミュニケーション”
     上記欧米諸国との同一のアクティビティを実施しながら、日本人の精神世界、歴史の
     深さと人と文化のぬくもりを受け継いでいる親日国としての思いを結んでもらう。
     (蕪村300年記念行事プログラムを通じて高齢化する「日本人」の思いも踏まえ、日
      台のきずなを次世代へつなぐ連携態勢は既に成就)。

<展開3>  ”具体記念行事”    
  1. 「国際俳句蕪村賞」の授与(大阪知事賞・大阪市長賞等・2回)
  2. シンポジウム(俳句学者・俳人・俳句評論家・2回)
  3. 屋形船の「句会」(蕪村生誕地近郊の1級河川「淀川」で)
  4. 蕪村歩き会(蕪村句吟地と生誕地周辺の史跡歴訪し蕪村公園まで)
  5. 蕪村生誕300年記念サイト開設と運営
  6. 蕪村銅像の造営と寄贈(大阪市へ)
  7. 蕪村公園へ植樹、寄贈(蕪村俳句にでる植樹―大阪市へ)
  8. 蕪村生誕記念「俳句大会」(全国、外国から募集の優秀句表彰式)
  9. 蕪村に宛てた絵手紙展(同絵手紙を募集・展示)
  10. 蕪村カルタつくり教室(児童生徒対象に募集・優秀作品は表彰)
  11. 蕪村顕彰ライブコンサート開催(市民楽団、合唱団参加)
  12. イメージキャラクター・キャッチコピー募集
  13. 蕪村公園・毛馬閘門・生誕地を結ぶ「まちづくり」研究

 当NPO法人近畿フォーラム21では、「蕪村生誕300年記念」を盛り上げるため、上記諸記念事業を計画中です。しかも最も重要な事業は、俳句を介し諸外国と国際文化交流の実現を図ることで、「国際俳句蕪村賞」を準備しております。
 どうか欧州諸国の大学・愛好会等方々にこの趣旨にご賛同してご参加頂き、「俳句」を通して文化交流を進めたいと考えております。
 世界と「俳句」を介して“こころ”の友好関係を結んでいきたいと存じますので、どうぞよろしくお願い致します。              
                                               以上
posted by 蕪村生誕300年記念事業実行委員会 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 新事業の展開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。